税制(読み)ぜいせい(英語表記)tax system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「税制」の解説

税制
ぜいせい
tax system

一般的な政府活動に必要な財源を民間経済部門を構成する家計と企業から強制的に租税の形で徴する構造をいう。現代の経済社会において,政府の財源調達手段としては,租税のほか,国債などの公債発行による借入れ,営業益金および収入などがあるが,そのなかで租税が最も重要である。今日,国民所得に対する税収割合増大に伴い,税制が国民経済に与える影響は,ますます大きくなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android