コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

税制 ぜいせいtax system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

税制
ぜいせい
tax system

一般的な政府活動に必要な財源を民間経済部門を構成する家計と企業から強制的に租税の形で課徴する構造をいう。現代の経済社会において,政府の財源調達手段としては,租税のほか,国債などの公債発行による借入れ,営業益金および収入などがあるが,そのなかで租税が最も重要である。今日,国民所得に対する税収の割合の増大に伴い,税制が国民経済に与える影響は,ますます大きくなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

税制の関連情報