コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムジーク 〈ロシア〉muzhik

大辞林 第三版の解説

ムジーク【muzhik】

ロシアの帝政時代の農民。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のムジークの言及

【音楽】より

…しかし,西欧の〈音楽〉に関する概念にもそれなりの変遷があった。英語のミュージックmusic,ドイツ語のムジークMusik,フランス語のミュジックmusique,イタリア語のムージカmusicaなどの語の共通の語源とされるのは,ギリシア語の〈ムシケmousikē〉であるが,それはそもそも〈ムーサMousa〉(英語でミューズMuse)として知られる女神たちのつかさどる技芸を意味し,その中には狭義の音芸術のほか,朗誦されるものとしての詩の芸術,舞踊など,リズムによって統合される各種の時間芸術が包含されていた。このように包括的な〈音楽〉の概念は,ヨーロッパ中世においては崩壊し,それに代わって思弁的な学として〈自由七科septem artes liberales〉の中に位置づけられる〈音楽〉と演奏行為を前提として実際に鳴り響く実践的な〈音楽〉の概念が生まれたが,後者は中世からルネサンスにかけてのポリフォニー音楽の発展につれて,しだいにリズム理論,音程理論などを内部に含む精緻な音の構築物へと進化した。…

※「ムジーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムジークの関連キーワードシュッツ(Heinrich Schütz)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団スティーブ ベレスフォードトーマス ノヴォラツスキーシュテファン ヴラダーモーツァルト(年譜)ロマンス(音楽用語)フェルゼンシュタインライナー キュッヒル日本オペレッタ協会ディベルティメントオーディトリアムウィーン宮廷楽団ウィーン楽友協会ブルーノ ワイルブクステフーデセレナード大栄 幸一サロン音楽食卓の音楽

ムジークの関連情報