コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生方敏郎 うぶかた としろう

2件 の用語解説(生方敏郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生方敏郎 うぶかた-としろう

1882-1969 明治-昭和時代の随筆家,評論家。
明治15年8月24日生まれ。星野あいの従兄。「東京朝日新聞」などの記者をへて文筆家となり,平易で風刺にとむ評論や短編で活躍。昭和10年個人雑誌「古人今人」を創刊,軍国主義の世相を批判した。昭和44年8月6日死去。86歳。群馬県出身。早大卒。著作に「明治大正見聞史」「敏郎集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生方敏郎
うぶかたとしろう
(1882―1969)

評論家、随筆家。群馬県沼田町出身。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。『東京朝日新聞』の記者を振り出しに気骨のあるジャーナリストとしての道を歩きながら、評論、随筆、時評、小説、翻訳などの仕事に従事。その文は平易で雑文的だが風刺に富み、大杉栄(さかえ)らとも親しく交わる。最初の著書は『敏郎集』(1915)。野人的視点より描かれた『明治大正見聞史』(1926)は名著の一つ。個人雑誌『ゆもりすと』も発行、第二次世界大戦下においても平和主義に徹した雑誌『古人今人』を独力で発行した。[紅野敏郎]
『『明治大正見聞史』(中公文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生方敏郎の関連キーワード本山荻舟森田たま岩本素白内田誠太田黒克彦奥野信太郎佐藤垢石佐藤弘島崎静子夏目伸六

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone