ムハージル

百科事典マイペディアの解説

ムハージル

本来はアラビア語で〈移住者〉の意味で,イスラムの信仰を貫くために預言者ムハンマドとともにメディナへ移住(ヒジュラ)した人びとに由来。南アジアでは,1947年のインド・パキスタン分離独立の際,旧インドの北部諸地域からパキスタンへ移住したウルドゥー語を母語とするイスラム教徒をさす。約700万人。
→関連項目ジャマーアテ・イスラーミー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報