コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハージル

百科事典マイペディアの解説

ムハージル

本来はアラビア語で〈移住者〉の意味で,イスラムの信仰を貫くために預言者ムハンマドとともにメディナへ移住(ヒジュラ)した人びとに由来。南アジアでは,1947年のインド・パキスタン分離独立の際,旧インドの北部諸地域からパキスタンへ移住したウルドゥー語を母語とするイスラム教徒をさす。
→関連項目ジャマーアテ・イスラーミー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ムハージルの関連キーワードアブドゥッラー・イブヌッ・ズバイルムハンマド(イスラム教の創唱者)インド・ムスリム連盟イブン・アッズバイルムハージルーン正統カリフ時代アンサールメジナ憲章

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android