コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハージル

百科事典マイペディアの解説

ムハージル

本来はアラビア語で〈移住者〉の意味で,イスラムの信仰を貫くために預言者ムハンマドとともにメディナへ移住(ヒジュラ)した人びとに由来。南アジアでは,1947年のインド・パキスタン分離独立の際,旧インドの北部諸地域からパキスタンへ移住したウルドゥー語を母語とするイスラム教徒をさす。
→関連項目ジャマーアテ・イスラーミー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ムハージルの関連キーワードアブドゥッラー・イブヌッ・ズバイルムハンマド(イスラム教の創唱者)インド・ムスリム連盟イブン・アッズバイルムハージルーン正統カリフ時代メジナ憲章アンサール

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android