コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムルット族 ムルットぞくMurut

世界大百科事典 第2版の解説

ムルットぞく【ムルット族 Murut】

東南アジア,ボルネオ島北部のマレーシア領サバ州やサラワク州およびインドネシア領東カリマンタン州にかけての内陸住民に与えられた名称であるが,言語・文化的にきわめて異なる諸集団をその中に含んでいる。サバ州内のムルット族は言語的にフィリピンの諸民族に親縁関係を有し,伝統的に焼畑による陸稲栽培に従事している。サラワク州からカリマンタン側のムルット族は,ルン,ダイェ,ケラビットなどの諸族からなり,高地における灌漑水田耕法を発達させている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムルット族の関連キーワードダヤク族

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android