コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メキシコトビマメ Mexican jumping beans

世界大百科事典 第2版の解説

メキシコトビマメ【Mexican jumping beans】

メキシコハネマメともいう。マメというがマメ科植物ではなく,メキシコ産トウダイグサ科のSebastiania属の植物の種子で,ユウガオの種子くらいの大きさ。3個が一つの塊をなし,一つの種子は2面が平面で外側の1面は円い。暖めたりするとこの種子が動くので古くからjumping seed,Devil’s beanなどとも呼ばれ,土産物として,紙に同心円を書き,種々の区画をつくったものを添えて売られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

メキシコトビマメの関連キーワードメキシコハネマメ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android