コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まめ

百科事典マイペディアの解説

まめ

機械的刺激によって手足などに生じる粒状の水腫。内容はリンパ液などで,小さいものは自然に吸収されるが,大きいものは破れて潰瘍(かいよう)をつくることもある。原因の除去により自然に治癒(ちゆ)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まめ【blister】

主として手足に,くり返し機械的刺激が働いたために生ずる,豆のような小さい水疱(水ぶくれ)のことである。非常に軽い機械的刺激が反復して作用した場合には,〈たこ〉や〈魚の目〉が発生するが,まめはそれらに比べて,もう少し急激な刺激があるときに起こる。手に強い力が加わる運動や力仕事を過度にしたときなどは,手のひらのつけ根に近い部分や指の屈側にできる。また,なれない靴,サンダル下駄などでは,すれて刺激を受けた部分にできる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

まめ
まめ / 肉刺

機械的刺激を繰り返し受けることによってできる、豆のような形、大きさの水疱(すいほう)または血疱のことで、主として手のひら、足の裏に生ずる。鉄棒やボート、ゴルフなどでは手の指の腹側や指と手のひらの境界部に生じ、慣れない履き物では足の裏やかかと、鼻緒やサンダルのベルトの当たる部分などにできる。最初はこれらの部分が赤くなって痛み、腫(は)れてきて水疱や血疱ができる。この水疱は組織像では表皮と真皮の間に生じ、破れて真皮が露出すると痛みが強くなる。血疱は水疱中に血液が混入したもので、血腫(けっしゅ)とは異なる。治療としては、原因となる機械的刺激を避け、消毒した針で内容物を出し、「イソジン液」や「ヒビテン液」などを塗る。破れてびらん面が露出したものは、抗生物質入りの軟膏(なんこう)を塗ってカバーしておくのがよい。[水谷ひろみ]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

まめの関連キーワード豆鉄砲を食った鳩のようまめゴマカジュアル房州一寸そらまめ踏み寄せ・踏寄せまめうしシリーズ蓬莱豆・蓬萊豆出水のそらまめベビーまめゴマキドニービーン加賀つるまめまめゴマ生活佐藤なる美エジプト豆物語らふそらまめ懸想ばむ味噌用人まめカジ小豆象虫戯れ事

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

まめの関連情報