メキシコ国立自治大学〈UNAM〉の中央大学都市キャンパス(読み)メキシコこくりつじちだいがく〈ユーエヌエーエム〉のちゅうおうだいがくとしキャンパス

世界遺産詳解の解説

メキシコこくりつじちだいがく〈ユーエヌエーエム〉のちゅうおうだいがくとしキャンパス【メキシコ国立自治大学〈UNAM〉の中央大学都市キャンパス】

2007年に登録されたメキシコの世界遺産(文化遺産)で、首都メキシコ・シティ南部のコヨアカン地区に位置する。ラテンアメリカで最大規模を誇る総合大学で、大学本部の建物、オリンピックスタジアム、博物館、彫刻空間などからなる。これらは、60名以上の建築家、技術者、芸術家らによって、統一性を持って作り上げられ、1952年に完成した。全面にアステカ人とスペイン人をモチーフにした絵などが描かれたモザイク壁画がある、中央図書館が特に有名。これらの創造的な価値を認められ、世界遺産に登録された。◇英名はCentral University City Campus of the Universidad Nacional Autónoma de México(UNAM)

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android