英名(読み)えいめい

精選版 日本国語大辞典「英名」の解説

えい‐めい【英名】

〘名〙 すぐれた評判。名声
※随得集(1388頃)悼日野蘭台居士「孔孟文章房杜才、英名天地一蘭台」 〔左思‐詠史詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「英名」の解説

えい‐めい【英名】

高い名声。すぐれた評判。「英名を伝える」「英名赫々(かくかく)たる人物」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の英名の言及

【和名】より

…生物にはすべての分類群に学名がつけられるが,これには国際的な約束として命名規約が定められていて,ラテン語で記載される。ところが生物の名まえはそれぞれの国の国語でもつけられており,英名とか漢名といわれるが,日本語でつけられた生物名を和名という。各国語でつけられる生物名にはとくに命名の約束ごとがつくられることがないが,和名にも特別な命名の規約はない。…

※「英名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android