コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタセンタ metacentre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メタセンタ
metacentre

直立状態のがわずかに傾斜したとき移動する浮心 (→浮力 ) 位置軌跡の曲率中心をいう。直立状態での船の浮心は一般に重心より下にあるが,メタセンタが重心より上にあれば安定した直立状態を保てる。しかしその高さが大きすぎると船の動揺周期が速くなって乗り心地が悪くなるので,設計にあたっては,復原力と動揺とを勘案して適当な値をもたせるようにする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メタセンタの関連キーワードmetacentre船舶算法傾斜試験傾心

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android