コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタリップル metaripple

岩石学辞典の解説

メタリップル

chordが約3mの大規模な非対称的な横列リップルであり,中心部が礫で,クレストは砂で,溝の内部と下流側側面は薄い泥の層[Bucher : 1919, Shrock : 1948].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

メタリップルの関連キーワードDEAN分散和音翼弦和音カテナリーコード垂直形状指数水平形状指数舌状リップルマークパラリップル

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android