メトセラ(英語表記)Methuselah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「メトセラ」の解説

メトセラ
Methuselah

旧約聖書中の人物アダムの子孫エノクの子,レメク (ラメク) の父,ノア祖父。 969年間生きたといわれる (創世記5・21~27) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のメトセラの言及

【不老不死】より

…この例にフォイニクス(不死鳥)の神話や〈若返りの泉〉伝説がある。また不死に関連するものには別に長命者という範疇(はんちゆう)があり,ノアの大洪水以前に969年生きたと聖書に伝えられるメトセラMethuselah,長寿の代名詞さらにはスコッチ・ウィスキーの商標ともなっている実在のイギリス人オールド・パーOld Parr(本名Thomas Parr。1483?‐1635)などがよく知られている。…

※「メトセラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android