メトロニダゾール(読み)めとろにだぞーる(英語表記)metoronidazole

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メトロニダゾール
めとろにだぞーる
metoronidazole

トリコモナス症の治療に用いられる抗原虫剤。白ないし微黄白色の結晶性粉末で、においはない。内服錠および腟(ちつ)錠が市販されている。いずれも一錠中に250ミリグラムを含有し、内服では1回1錠1日2回服用する。腟錠は1日1回1錠を腟内に挿入する。1クール(1回の治療期間)10~14日とする。トリコモナス腟炎に適用される。また、胃・十二指腸潰瘍(かいよう)、胃癌(いがん)の原因となるヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の除去に、プロトンポンプ阻害剤(PPI)、アモキシシリン、クラリスロマイシンの3剤の同時使用による第一次療法が一般的に行われているが、効果のない場合、第二次療法としてクロリスロマイシンのかわりにメトロニダゾールの使用が保険医療上可能となった(2007年8月)。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android