コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メブラーナ追悼セレモニー メブラーナついとうセレモニー

1件 の用語解説(メブラーナ追悼セレモニーの意味・用語解説を検索)

世界の祭り・イベントガイドの解説

メブラーナついとうセレモニー【メブラーナ追悼セレモニー】

トルコ中南部の古都コンヤ(Konya)で開催される、メブラーナ教創始者の追悼セレモニー。メブラーナ教はイスラム教の一派で、音楽と踊りによって神と一体化する宗教である。創始者はメブラーナ・ジェラールッディン・ルーミー。セレモニーで行われる、回転しながら祈る旋回舞踊が特徴的である。何時間も旋回することで陶酔状態に入り、無我の境地に至るとされる。開催時期は毎年12月10~17日。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メブラーナ追悼セレモニーの関連キーワードクエルナバカコンヤカラタイ神学校アラアッディンモスクアランヤ城カロノロスクズルクレチャタルヒュユクΤεφρικήマザカ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone