境地(読み)きょうち

精選版 日本国語大辞典 「境地」の意味・読み・例文・類語

きょう‐ち キャウ‥【境地】

〘名〙
場所土地環境
※応永本論語抄(1420)雍也第六「水は深が本に非ず。龍あれば霊水也。境地は人に依て尊し」
② ある段階に到達した心の状態
西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一読書より高等なる学習に由らざれば、その境地に達することを得べからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「境地」の意味・読み・例文・類語

きょう‐ち〔キヤウ‐〕【境地】

その人の置かれている立場。「苦しい境地に立たされる」
ある段階に達した心の状態。「悟りの境地
芸術などの、分野世界。「新しい境地を開拓する」
場所。土地。環境。〈日葡
[類語]心境環境境遇身の上境涯境界身空

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「境地」の読み・字形・画数・意味

【境地】きようち

一定の状態。

字通「境」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android