境地(読み)キョウチ

  • きょうち キャウ‥
  • きょうち〔キヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

その人の置かれている立場。「苦しい境地に立たされる」
ある段階に達した心の状態。「悟りの境地
芸術などの、分野・世界。「新しい境地を開拓する」
場所。土地。環境。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

が原義
修養や経験を積んで得られる、心の状態。心境。 無我の- 悟りの-に達する
その人独自の心境の反映としての世界。 新-を開く
その人がおかれている立場や身辺の事情。 せっぱ詰まった-に立たされる
場所。土地。環境。 日葡

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 場所。土地。環境。
※応永本論語抄(1420)雍也第六「水は深が本に非ず。龍あれば霊水也。境地は人に依て尊し」
② ある段階に到達した心の状態。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「読書より高等なる学習に由らざれば、その境地に達することを得べからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

境地の関連情報