コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

境地 キョウチ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ち〔キヤウ‐〕【境地】

その人の置かれている立場。「苦しい境地に立たされる」
ある段階に達した心の状態。「悟りの境地
芸術などの、分野・世界。「新しい境地を開拓する」
場所。土地。環境。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうち【境地】

が原義〕
修養や経験を積んで得られる、心の状態。心境。 「無我の-」 「悟りの-に達する」
その人独自の心境の反映としての世界。 「新-を開く」
その人がおかれている立場や身辺の事情。 「せっぱ詰まった-に立たされる」
場所。土地。環境。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

境地の関連キーワード名教の内自ずから楽地有り向上の一路鎮魂帰神究竟法身遊戯三昧阿羅漢果寂滅為楽出離生死有余涅槃久修練行剣禅一致苦集滅道未生以前無余涅槃三昧境無漏路非思量至福楽境解脱

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

境地の関連情報