境地(読み)きょうち

精選版 日本国語大辞典「境地」の解説

きょう‐ち キャウ‥【境地】

〘名〙
① 場所。土地。環
※応永本論語抄(1420)雍也第六「水は深が本に非ず。龍あれば霊水也。境地は人に依て尊し」
② ある段階に到達した心の状態
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「読書より高等なる学習に由らざれば、その境地に達することを得べからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「境地」の解説

きょう‐ち〔キヤウ‐〕【境地】

その人の置かれている立場。「苦しい境地に立たされる」
ある段階に達した心の状態。「悟りの境地
芸術などの、分野・世界。「新しい境地を開拓する」
場所。土地。環境。〈日葡
[類語]心境環境境遇身の上境涯境界身空

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android