コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メランチウム Melanthium virginicum L.

1件 の用語解説(メランチウムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

メランチウム【Melanthium virginicum L.】

北アメリカ産のユリ科の多年草イラスト)。原始的な花の構造を有しているシュロソウ属やリシリソウ属に近縁であり,これらと同様に有毒のアルカロイド成分を植物体に含んでいる。茎は高さ70~150cm,先端に円錐花序をつける。花被は6枚で緑白色。長さ約1cm。花被のつけ根に距が発達し,この特徴によりシュロソウ属やリシリソウ属から区別される。花被上面の基部にはリシリソウ属と同様に一対の腺体がある。メランチウムMelanthium(英名bunch flower)は北アメリカ東部特産で,4種が知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone