コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モエギタケ(萌黄茸) モエギタケStropharia aeruginosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モエギタケ(萌黄茸)
モエギタケ
Stropharia aeruginosa

担子菌類マツタケ目モエギタケ科。秋に,主として針葉樹林下で,落ち葉の腐植化した上に発生する。傘は鐘形ないし丸山形で,のちに開いて平らになる。直径3~6cmで,表面は濃緑色,のちに色が落ちて帯黄灰色になる。柄は高さ4~7cmで傘よりやや淡い緑青色で明瞭な鍔 (つば) を有する。胞子紋は紫褐色。有毒といわれているが確実ではない。本州,北海道およびヨーロッパ北アメリカ,小アジアに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android