コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モタグア川 モタグアがわRío Motagua

1件 の用語解説(モタグア川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モタグア川
モタグアがわ
Río Motagua

グアテマラ南東部を流れる川。同国最長の川で,全長約 400km。アティトラン湖北方,チチカステナンゴ付近の中央高地に源を発し,チュアクス山脈に沿ってその南麓を東流したのち,ラスミナス山脈南麓に沿って東北東に流れを変え,河口近くでホンジュラスとの国境をなしながら,ホンジュラス湾奥のオモア湾に注ぐ。河口から約 200kmは航行可能で,流域に産するバナナ,コーヒー,果実などの運搬に利用される。沿岸では砂金採取も行われる。河口付近は湿地帯をなし良港はないが,河口の西約 40kmにアマティケ湾に面する良港プエルトバリオスがあり,同港とグアテマラ市を結ぶ鉄道,道路がモタグア川に沿って延びている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone