河口(読み)カコウ

百科事典マイペディアの解説

河口【かこう】

中国,雲南省南東部の国境町で,現在は河口ヤオ(瑶)族自治県に属する。紅河(下流はソンコイ川)に沿う。ベトナムラオカイと対し,昆河鉄路の終点で,ここからラオカイ〜ハノイを結ぶ鉄道と連絡する。

河口【かこう】

河川が海や湖に流入する所。流下する土砂量が支配的な場合の三角州,波や潮流が強いときその方向に曲がってできる河口州,干満が大きく出入する海水量が大きい場合のラッパ状河口などの形態がある。河口では,水は密度と塩分の異なる2〜3層に分かれ,表層には川の上流から海に向かう河川水の流れ,中層には湾口から川の上流に向かう塩分の濃い海水の流れがあり,深い河口には最下層に流れのない海水層がある。河川の水の中の浮遊泥は陰イオンで,海水中にはナトリウムなどの陽イオンがあるため,河川水と海水の交わる所にイオン間の凝集反応が起き泥質の沈殿が堆積する。
→関連項目河川

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かこう【河口】

河川が海・湖に注ぎ込むところ。

かわぐち【河口】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河口
かこう / ホーコウ

中国南西部、雲南(うんなん)省南東端にあるヤオ族自治県。紅河(こうが)ハニ族イ族自治州に属する。人口9万7682(2010)。漢代から現在のベトナム地方に通じる国境の要地として開けた。1950年に市制が施行されたが、1955年に県に改められ、1963年に自治県となった。昆河線(昆明(こんめい)―河口)の終点であり、ハノイへ向かう鉄道との連絡地である。元江(紅河、ソン・コイ川)沿岸の盆地にあり、気候が温暖湿潤であるため、米、トウモロコシのほか、バナナ、パイナップルなどの栽培が盛んである。[青木千枝子・河野通博・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の河口の言及

【甲斐国】より

…また駅路は駿河国横走駅で東海道本路と分岐し,籠坂(かごさか),御坂の両峠を越えて国府に到達したが,この間加吉(加古の誤りか。山中湖村山中付近),河口(河口湖町河口),水市(未詳。御坂町黒駒付近か)の3駅があった。…

※「河口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河口の関連情報