モチグサ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モチグサ
もちぐさ / 餅草

若い葉を入れて草餅(くさもち)をつくる草のことで、普通はヨモギをさす。このほかに、ハハコグサやオヤマボクチも餅に入れることがあるので、広い意味ではこれらもモチグサといえる。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android