モナドノック(英語表記)monadnock

大辞林 第三版の解説

モナドノック【Monadnock】

◇アメリカ合衆国、ニューハンプシャー州の南部にある山。海抜965メートル。残丘の典型例とされる。
残丘。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のモナドノックの言及

【残丘】より

…これを残丘という。アメリカ合衆国ニューハンプシャー州のモノドノック山の例にちなみ,地形学者W.M.デービスが提唱した〈モナドノックmonadnock〉が,この種の地形の術語として定着している。ドイツ学派はRestbergと呼び,周囲より相対的に硬い岩石であるため浸食が遅れたものを〈硬岩残丘Härtling〉,浸食輪廻の初めから分水界の位置にあり続けたために突起しているものを源地残丘Fernlingとして二分した。…

※「モナドノック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android