浸食作用(読み)しんしょくさよう(英語表記)erosion

  • 浸食作用 erosional processes

翻訳|erosion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地表面が風,流水その他の外因的な営力によって削られる作用。働く営力の種類によって河食,風食海食氷食,雪食などと呼ばれる。浸食には機械的作用と化学的作用とがあり,特に石灰岩地域に顕著な雨水や地下水による化学的浸食作用を溶食作用という。機械的浸食作用のなかで最も著しいものは河食作用である。河食はその働く方向によって,河床を掘下げる下方浸食 (下刻) ,谷床を広げる側方浸食 (側刻) ,水源の方向に谷を延長する頭部浸食 (後退浸食) の3つに分けられる。岩石地質構造によって浸食の働き方に差異が生じる場合には,選択浸食または差別浸食という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もとは〈おかし,むしばむ〉ので侵と書いた。土地に働きかけて地形を変化させる作用(〈地形形成営力〉または〈地形営力〉という)のうち,内部から働く地殻運動火山活動を内作用,外部から働く風,雨,河川などおもに太陽エネルギーに基づく作用を外作用とするが,浸食作用は後者に属する。外作用による地形営力は浸食,運搬堆積の3作用から成る。浸食と運搬の過程は連結しており,これにより地表の物質は砕かれ,削り取られ,運び去られ,土地は変形させられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

浸食作用の関連情報