コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モニター商法 モニターショウホウ

2件 の用語解説(モニター商法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

モニター‐しょうほう〔‐シヤウハフ〕【モニター商法】

購入した商品を使用して感想や意見を報告すれば、モニター料として代金を上回る収入が得られるなどと偽って勧誘し、高額な商品を売りつける商法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

モニター商法

モニターになってもらうことを条件に商品やサービスを特別に安く提供すると持ちかけ、契約を結ばせる商法。過去には布団や呉服、美顔器などで被害対策弁護団が発足している。

(2016-01-24 朝日新聞 朝刊 横浜・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モニター商法の関連キーワード消費支出中間報告御意見番提案提議提言読書会香摘み吉助ご用達 和風

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone