コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モバイルセントレックス もばいるせんとれっくす

4件 の用語解説(モバイルセントレックスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

モバイルセントレックス

携帯電話を企業内の内線電話として利用できるサービスのこと。組織改編などで座席の配置を変更する場合に、配線工事などにかかるコストを削減できるほか、従来の内線設備を廃止することで管理コストを削減できる。また、携帯電話のため、外出先にも取り次げ、ビジネスチャンスを逃さないというメリットもある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

モバイルセントレックス

企業の内線電話を、携帯電話で受けることができるようにするシステム。社内ではもちろん、社外にいるときでも、公衆網に転送され、携帯電話に着信するようなシステムを指す。自分の席にいないときでも電話を受けられるため、電話の取り次ぎが不要になり、外出が多い職種でも連絡が取りやすくなるメリットがある。現在はIP電話組み合わせ、安価に「携帯内線」を実現する「IPモバイルセントレックス」が人気。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モバイル‐セントレックス(mobile centrex)

携帯電話を内線電話として利用する技術、またはサービスのこと。モバイルセントレックスサービス。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

モバイルセントレックス【mobile centrex】

携帯電話を企業などの内線電話機として利用するシステムやサービス。電話を取り次ぐ手間が減るほか、外出先でも連絡を取れるようになるなどの利点がある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モバイルセントレックスの関連キーワードIP携帯電話家電固定電話電話番号移動電話携帯電話ウイルス第一世代携帯電話第二世代携帯電話第四世代携帯電話無線電話

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モバイルセントレックスの関連情報