コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モバイルセントレックス もばいるせんとれっくす

4件 の用語解説(モバイルセントレックスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

モバイルセントレックス

携帯電話を企業内の内線電話として利用できるサービスのこと。組織改編などで座席の配置を変更する場合に、配線工事などにかかるコストを削減できるほか、従来の内線設備を廃止することで管理コストを削減できる。また、携帯電話のため、外出先にも取り次げ、ビジネスチャンスを逃さないというメリットもある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

モバイルセントレックス

企業の内線電話を、携帯電話で受けることができるようにするシステム。社内ではもちろん、社外にいるときでも、公衆網に転送され、携帯電話に着信するようなシステムを指す。自分の席にいないときでも電話を受けられるため、電話の取り次ぎが不要になり、外出が多い職種でも連絡が取りやすくなるメリットがある。現在はIP電話組み合わせ、安価に「携帯内線」を実現する「IPモバイルセントレックス」が人気。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モバイル‐セントレックス(mobile centrex)

携帯電話を内線電話として利用する技術、またはサービスのこと。モバイルセントレックスサービス。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

モバイルセントレックス【mobile centrex】

携帯電話を企業などの内線電話機として利用するシステムやサービス。電話を取り次ぐ手間が減るほか、外出先でも連絡を取れるようになるなどの利点がある。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モバイルセントレックスの関連情報