モルゲンロート(読み)もるげんろーと

  • Morgenrotドイツ語

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝焼け。朝日の出る前に山がバラ色に美しく染まること。アーベントロートAbendrot(夕焼け)とともに、山がもっとも美しく見えるときの一つである。原則的には東の空が赤くなるのは、雲がないときで天気のよいことを示すといってよいが、日本の冬山などで西から天気が変わっていくときには、かならずしもあてはまらない。[徳久球雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のモルゲンロートの言及

【登山】より

… ホワイトアウトwhiteout雪,霧風などで視界が閉ざされてしまうこと。 モルゲンロートMorgenrot[ドイツ]夜明け前に高い尾根筋がまず太陽の光を受けて赤く輝くこと。 モレーンmoraine堆石。…

※「モルゲンロート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報