コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝日 あさひ

22件 の用語解説(朝日の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝日
あさひ

北海道中北部,士別市東部の旧町域。天塩川の上流域にあり,域内は北見山地の山岳で占められる。 1962年町制。 2005年士別市と合体。天塩川沿いに農耕地が開け,米作と林業が主産業。天塩川をせき止めた多目的ダム岩尾内ダム人造湖岩尾内湖は天然林に囲まれた行楽地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

朝日
あさひ

福井県中北部,越前町北東部の旧町域。武生盆地の北西部と丹生山地の一角を占める。 1946年町制施行。 1955年糸生村と合体。 2005年宮崎村,越前町,織田町と合体して越前町となる。地名は仏像開眼に際し朝日のような光を発したという伝承による。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

朝日
あさひ

山形県西部,鶴岡市南東部の旧村域。赤川上流域,朝日山地の山あいにある。南西部は新潟県に接する。 1954年大泉村,本郷村,東村が合体し朝日村が成立。 2005年鶴岡市,藤島町,羽黒町,櫛引町,温海町の1市4町と合体して鶴岡市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

朝日
あさひ

新潟県北部,村上市の中・東部を占める旧村域。朝日山地の南西部に位置する。1954年館腰村,三面村 ,高根村,猿沢村,塩野町村の 5村が合体して朝日村が発足。2008年村上市,荒川町,山北町,神林村の 4市町村と合体して村上市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

朝日
あさひ

岐阜県北部,高山市南東部の旧村域。乗鞍岳西斜面にある。 1889年村制。 2005年高山市に編入。山地斜面を利用した畜産,高冷地野菜の栽培が行なわれる。近くに朝日ダムがある。一部は中部山岳国立公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あさ‐ひ【朝日/×旭】

朝、東から昇る太陽。また、その光。「―が昇る」「―が差し込む」
稲・リンゴ・ナシの一品種。

ちょう‐じつ〔テウ‐〕【朝日】

あさひ。旭日(きょくじつ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

あさひ【朝日】

鹿児島の黒糖焼酎サンゴ礁の石灰層から湧く硬水と白麹を用いて甕で仕込む。常圧蒸留のあと、2~3年貯蔵熟成させ瓶詰する。原料は黒糖、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「朝日酒造」は大正5年(1916)創業。所在地は大島郡喜界町大字湾。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

朝日

米の品種のひとつ。明治期に京都府の農業、山本新次郎氏が「日ノ出」より選抜育成、「朝日」と命名したが、同名の品種が丹波地方ですでに育成されていたことから、京都府農業試験場が1911年に「旭」(「京都旭」とも)と改名。その後大正期に岡山県で品種改良が行なわれ、1924年同県の奨励品種となる。当時すでに「旭」の名称で栽培されていた品種があったため、混同を避けるため再び「朝日」と命名、現在に至る。岡山県を代表する銘柄米として知られる。「朝日米」とも。

朝日

鹿児島県、朝日酒造株式会社が製造する黒糖焼酎。

朝日

新潟県村上市にある道の駅。国道7号に沿う。

朝日

日本海軍の戦艦。敷島型戦艦の2番艦。前弩級戦艦。イギリスで建造され、1900年7月に竣工、同年10月に横須賀に到着。日露戦争第一次世界大戦では主力艦として活躍。第二次世界大戦では工作艦となる。1942年、南シナ海アメリカの潜水艦の雷撃により沈没。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あさひ【朝日】

山形県中央部、西村山郡の町。最上川河畔にあり、磐梯朝日国立公園に属す。朝日温泉がある。
富山県北東端、下新川郡の町。新潟県と接し、北陸街道の旧宿場町。
三重県北部、三重郡の町。四日市と桑名の間に位置。

ちょうじつ【朝日】

あさひ。朝陽。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日の関連キーワード朝日町朝日焼朝日影朝日櫛朝日子朝日宮北海道稚内市朝日朝日〈町〉朝日連峰旭姫

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝日の関連情報