コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンテ・カッシノ[山] モンテカッシノ

1件 の用語解説(モンテ・カッシノ[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

モンテ・カッシノ[山]【モンテカッシノ】

イタリアのローマナポリのほぼ中間にある小山。標高519m。山上にあるモンテ・カッシノ修道院で知られる。これは529年ころベネディクトゥスによって創設された修道院で,ランゴバルト,イスラムノルマン人によって3度破壊されたが,そのたびに復興された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のモンテ・カッシノ[山]の言及

【カッシノ】より

…第2次世界大戦でドイツ軍のローマ防御線の重要拠点となり,連合軍の爆撃で壊滅したが,戦後再建され,この地方の商工業の中心地として多様な工業が立地している。町の西に位置する標高519mのモンテ・カッシノには,6世紀にヌルシアのベネディクトゥスが基礎を築いた有名な修道院(モンテ・カッシノ修道院)があり,中世を通じてキリスト教文化を担うひとつの核となり,特に11世紀に絶頂をきわめた。この修道院も,カッシノの町同様,第2次大戦で廃虚と化したが,貴重な写本,古文書等は前もって運び出され,被災を免れた。…

【モンテ・カッシノ修道院】より

…529年ころ,ヌルシアのベネディクトゥスがローマとナポリのほぼ中間の山モンテ・カッシノMonte Cassinoに建てた修道院で,ヨーロッパ修道院の原像とも言うべき存在。581年ころランゴバルド族に破壊され,720年ペトロナクスによって再建されたが,883年にはイスラム軍によって,1046年にはノルマン人によって再び破壊された。…

※「モンテ・カッシノ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モンテ・カッシノ[山]の関連キーワードインディアナポリスカンパネラナポリ王国サンタルチアスパッカナポリナポリを見てから死ねモンテカッシーノスパゲティ・ナポリタンナポリ風ローマ風

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone