山上(読み)サンジョウ

  • さんじょう ‥ジャウ
  • さんじょう〔ジヤウ〕
  • やまあがり
  • やまあげ
  • やまのうえ やまのうへ
  • やまのうえ〔やまのうへ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 山のいただき。山のうえ。また、山のなか。
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「山上(サンジャウ)無双の伊岡(これをか)の板と申す巫女をめされて」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)立石寺「麓の坊に宿かり置て、山上の堂にのぼる」 〔易経‐蹇卦〕
② (━する) 山に登ること。やまのぼり。登山。《季・夏》
※光悦本謡曲・女郎花(1505頃)「『八幡宮へ参らず候ふ』『此尉こそ、山上する者にて候へ、八幡への御道しるべ申し候ふべし』」
※浮世草子・世間娘容気(1717)六「行者講の中間へ入大勢づれにて山上(サンジャウ)をしけるに」
[2] (「山」は比叡山のこと) 比叡山の延暦寺をいう。
※中右記‐天永二年(1111)七月二二日「阿闍梨仁誉〈故行宗朝臣子也〉依院宣追却山上
〘名〙
① 村の困窮者が野山にはいって小屋をかけ、耕作したり薪を売ったりして生計をたて直すこと。また、その制度。
② 長崎県の対馬で、墓地の近くに喪屋をつくり遺族がこもること。
③ 岡山県の真鍋島で、月経中の女性が忌小屋にはいること。
〘名〙 疱瘡(ほうそう)の最も危険な時期を過ぎること。〔世話用文章(1692)〕
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android