コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山上 サンジョウ

大辞林 第三版の解説

さんじょう【山上】

山のうえ。また、山頂の寺社。
山に登ること。特に、山頂の寺社に参ること。 「この尉こそただ今-する者にて候へ/謡曲・女郎花」
◇
比叡山。 「 - ・洛中の騒動なのめならず/平家 6
山上ヶ岳のこと。また、その奥の院の蔵王権現に参ること。
[句項目]

やまのうえ【山上】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

山上の関連キーワード栃木県那須郡那珂川町矢又鹿児島県鹿屋市吾平町上名群馬県桐生市新里町山上三重県桑名市多度町柚井空にらくがきかきたいな思い出のグリーングラス讃岐五色台キャンプ場茨城県常陸大宮市鷲子三重県松阪市飯福田町群馬県高崎市山名町奈良県生駒市菜畑町スカイランドいこま高知県高知市鴨部愛宕山(東京)阿蘇登山道路大物忌神社山上の垂訓山上ヶ岳駒形神社山上詣り

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山上の関連情報