ヤゴダ(読み)やごだ(英語表記)Генрих Григорьевич ЯгодаGenrih Grigor'evich Yagoda

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤゴダ
やごだ
Генрих Григорьевич Ягода Genrih Grigor'evich Yagoda
(1891―1938)

旧ソ連共産党幹部。1907年入党。革命後、非常取締委員会(チェカー)、のち国家保安部(ゲー・ペー・ウー)で活動し、スターリンの信任を得て34年に党中央委員、内務人民委員に登用された。同年12月のキーロフ暗殺事件へのかかわりについては不明だが、その後の弾圧においてスターリンを忠実に補佐した。36年に解任され(後任エジョフ)、のち処刑された。[原 暉之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android