コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェカー チェカー 〈ロシア〉Cheka

3件 の用語解説(チェカーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チェカー(〈ロシア〉Cheka)

ロシア非常委員会。1917年12月、反革命や投機活動を取り締まるために設置された機関。1922年に廃止され、GPU(ゲーペーウー)に引きつがれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

チェカー【Cheka】

1917年にソビエト政権が設立した、全ロシア反革命・怠業・投機取締非常委員会の略称。22年ゲー-ペー-ウー( GPU )に改組。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェカー
ちぇかー
Чека Cheka ロシア語

ロシアの十月革命後設置された、「反革命、サボタージュおよび投機取締り全ロシア非常委員会」の略称。ふつうチェカー(またはベチェカー)という。
 1917年12月、上部機構としてのチェカー(全ロシア非常委員会)がまず創設され、ついで18年に、県、郡(19年1月に廃止)、運輸、前線、軍隊に下部組織としての各チェカーが置かれた。17年11月に成立したソビエト政権は、国内の反革命勢力の活動や、イギリス、アメリカ、フランスなど外国の干渉によって厳しい条件の下に置かれた。チェカーは、帝制政府の旧官吏、将軍、資本家、ボリシェビキに反感を抱く者など、反革命的人物に対処するための秘密警察として、また白衛軍のスパイと外国干渉軍の手先に対抗するための諜報(ちょうほう)機関として設立された。長官にはポーランド人のF・E・ジェルジンスキーが任命され、反革命に対して徹底的な弾圧を加えた。ペトログラード(現サンクト・ペテルブルグ)・チェカーの長モイセイ・ウリツキーは18年テロに倒れた。22年に廃止され、ゲー・ペー・ウー(国家政治部)に再組織された。[木村英亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェカーの関連キーワードゴスプランジェルジンスキートガン貧農委員会チェーカー全ロシア・ゼムストボ同盟全ロシア農民大会全ロシア・プロレタリア作家協会全ロシア労兵ソビエト大会反革命・サボタージュ取締り全ロシア非常委員会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェカーの関連情報