コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェカー(英語表記)〈ロシア〉Cheka

デジタル大辞泉の解説

チェカー(〈ロシア〉Cheka)

全ロシア非常委員会。1917年12月、反革命や投機活動を取り締まるために設置された機関。1922年に廃止され、GPU(ゲーペーウー)に引きつがれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

チェカー【Cheka】

1917年にソビエト政権が設立した、全ロシア反革命・怠業・投機取締非常委員会の略称。22年ゲー-ペー-ウー( GPU )に改組。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェカー
ちぇかー
Чека Cheka ロシア語

ロシアの十月革命後設置された、「反革命、サボタージュおよび投機取締り全ロシア非常委員会」の略称。ふつうチェカー(またはベチェカー)という。
 1917年12月、上部機構としてのチェカー(全ロシア非常委員会)がまず創設され、ついで18年に、県、郡(19年1月に廃止)、運輸、前線、軍隊に下部組織としての各チェカーが置かれた。17年11月に成立したソビエト政権は、国内の反革命勢力の活動や、イギリス、アメリカ、フランスなど外国の干渉によって厳しい条件の下に置かれた。チェカーは、帝制政府の旧官吏、将軍、資本家、ボリシェビキに反感を抱く者など、反革命的人物に対処するための秘密警察として、また白衛軍のスパイと外国干渉軍の手先に対抗するための諜報(ちょうほう)機関として設立された。長官にはポーランド人のF・E・ジェルジンスキーが任命され、反革命に対して徹底的な弾圧を加えた。ペトログラード(現サンクト・ペテルブルグ)・チェカーの長モイセイ・ウリツキーは18年テロに倒れた。22年に廃止され、ゲー・ペー・ウー(国家政治部)に再組織された。[木村英亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android