コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李完用

美術人名辞典の解説

李完用

朝鮮の政治家。牛峰生。字は敬徳、一堂と号する。駐米韓国参賛官となり、のち駐米代理公使に赴任した。帰国後、学部大臣を経て親日内閣の総理大臣に至り、日韓合併条約署名。併合後伯爵を授けられ、のち侯爵となる。漢学を能くし、書も巧みであった。1926(昭和元年)歿、68才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

李完用【りかんよう】

朝鮮の官僚。1896年以降,外務大臣などの政府要職を歴任。韓国を日本の保護国とした日韓保護条約締結(1905年)に文部大臣として賛成。親日的として大衆の非難の的になる。
→関連項目李人稙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

李完用 り-かんよう

イ-ワンヨン

李完用 イ-ワンヨン

1858-1926 朝鮮王朝の政治家。
哲宗9年生まれ。駐米代理公使をつとめ,政界にはいる。はじめ親米派,のち親露派の政策をとるが,日露戦争後は親日派に転向。1907年総理大臣となり第3次日韓協約調印,1909年日本の植民地化に反対する青年におそわれる。1910年「韓国併合に関する条約」を締結した。その功績により日本政府より爵位がおくられた。1926年2月11日死去。69歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りかんよう【李完用 (R)I Wang‐yong】

1858‐1926
朝鮮の韓末・植民地期の親日派官僚。1882年科挙合格,外交畑を中心に歩み,渡米2回の経験を持つ。金弘集内閣を倒した96年のクーデタによって成立した親露政権で外部大臣(外務大臣)となる。その後も政府の要職を歴任し,1905年の日韓保護条約(乙巳(いつし)条約ともいう)の締結のおりには学部大臣(文部大臣)としてこれに賛成,〈乙巳五賊〉の一人に数えられる。このころからもっとも親日的な官僚として大衆の非難の的になりながら,07年には内閣総理大臣となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李完用
りかんよう
Yi Wanyong

[生]高宗5(1868)
[没]1926
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 末期の政治家。日韓併合条約のときの首相で,韓国代表署名者。京畿道広州郡出身。字は敬徳。号は一堂。高宗 19 (1882) 年文科試験に及第。同 24年駐米公使の随員として渡米,以来親米派として活躍した。学部大臣,外相を経て建陽1 (96) 年親露派の李範晋らと結び,国王をロシア公使館に幽閉してから親露派となり,親日派金弘集内閣を倒し,排日運動に活躍した。日露戦争後,親日派に転じ,日韓協約には率先して調印した。伊藤博文後援のもとに首相に就任し,隆煕4 (1910) 年日本の朝鮮併合に協力した。日本政府より伯爵のち侯爵を授けられ,併合後,朝鮮総督府の中枢院副議長,顧問などになった。そのため朝鮮独立運動者に売国者として,家屋に放火されたり,刺傷させられたりした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

李完用の関連キーワード親日派の土地没収ハーグ密使事件菊池 常三郎韓国併合条約日韓併合条約宋秉しゅんイワンヨン朝鮮王朝独立協会日韓併合李容九宋秉畯朴泳孝建陽及第随員

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

李完用の関連情報