コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユダの窓

デジタル大辞泉プラスの解説

ユダの窓

米国の作家カーター・ディクスン(ジョン・ディクスン・カーの別名)のミステリー(1938)。原題《The Judas Window》。メリヴェル卿もの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユダの窓
ゆだのまど
The Judas Window

アメリカの本格推理作家ディクスン・カー(当作品はカーター・ディクスン名)の代表作。1938年作。彼の得意とする不可能犯罪の一つ、密室を取り扱っている。婚約者の父を訪れたアンズウェルは、対談中に気を失い、気がついたときには、矢で射られた父と密室の中にいた。当然、彼以外に犯人はいないという状況である。しかし彼はまったく身に覚えがない。捜査に乗り出したメリベル卿(きょう)は、この部屋には皆の盲点になっているユダの窓があり、謎(なぞ)を解く鍵(かぎ)はそこにあるのだという。密室トリックに正面から挑んだ本格推理である。[梶 龍雄]
『砧一郎訳『ユダの窓』(ハヤカワ文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ユダの窓の関連キーワードカー(John Dickson Carr)ユダ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android