ユチュケン[山](英語表記)Ütükän yïš

世界大百科事典 第2版の解説

ユチュケン[山]【Ütükän yïš】

モンゴルのハンガイ山脈南東部,オルホン・セレンガ両河の河源地帯にある山の古名匈奴(きようど)の兜銜山(とうかんざん)(《漢書》による)もこれを指すか。突厥(とつくつ)やウイグルなど,シャマニズム信仰者としてのテュルク系諸民族が,天神や祖先の馮(よ)る聖山とみなし,さらにその周辺の豊かな牧地に牙帳をおいてこの一帯を政治・経済の中心とした。8世紀の突厥碑文のÜtükänが音写されて,漢文史料では〈於都斤山〉〈烏徳山〉などと記された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のユチュケン[山]の言及

【ハンガイ[山脈]】より

…なかでも東部のオルホン川上流域一帯はとくにすぐれ,しかも交通の要地でもあったので,突厥(とつくつ),ウイグル,モンゴルなどの遊牧国家の根拠地が置かれた。突厥,ウイグルはこの一帯の山をユチュケンと称し尊崇した。ハンガイ山の称は12世紀ころにはモンゴル人によって用いられていたらしい。…

※「ユチュケン[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android