梅村(読み)うめむら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅村 うめむら

?-? 江戸時代後期の大奥女中。
西丸大奥中臈(ちゅうろう)として徳川家斉(いえなり)の世子家慶(いえよし)につかえる。延命院住職日道と知りあって密会をかさね,享和(きょうわ)3年(1803)日道は死罪,梅村はとがめなしとなる(延命院事件)。河竹黙阿弥(もくあみ)により「日月星享和政談」として歌舞伎化された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梅村の関連情報