梅村(読み)うめむら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅村 うめむら

?-? 江戸時代後期の大奥女中。
西丸大奥中臈(ちゅうろう)として徳川家斉(いえなり)の世子家慶(いえよし)につかえる。延命院住職日道と知りあって密会をかさね,享和(きょうわ)3年(1803)日道は死罪,梅村はとがめなしとなる(延命院事件)。河竹黙阿弥(もくあみ)により「日月星享和政談」として歌舞伎化された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梅村の関連情報