天神(読み)てんじん

精選版 日本国語大辞典「天神」の解説

てん‐じん【天神】

[1] 〘
① 天の神。あまつかみ。
※令義解(833)神祇「天神者。伊勢。〈略〉出雲国造斎神等類是也」
※今昔(1120頃か)一三「此天神・冥道などの守護の為に来給ふにかとぞ、人疑ける」 〔史記‐殷本紀〕
② 菅原道真を祭神とした天満宮。特に北野天満宮、太宰府天満宮、湯島天神は有名。
※栄花(1028‐92頃)浦々の別「此天神に御ちかひたててざえおはする人にて」
③ 能面の一つ。鬼神系の面で、菅原道真の怨霊を主人公とする「雷電(らいでん)」の前ジテや、「金札(きんさつ)」「藍染川(あいそめがわ)」などに用いる。
※申楽談儀(1430)面の事「天神の面、天神の能に着しよりの名也」
④ 袍・直衣(のうし)などを着た公卿風の人。
⑤ 上方で、大夫の次位の遊女のこと。揚代がかつて二五匁であったので、北野天神の縁日の二五日にちなんだもの。文化(一八〇四‐一八)の頃、「天神」の文字ははばかりがあるとして「転進」と書くようにもなった。天神女郎。天職。
※俳諧・西鶴大句数(1677)九「くれの月太夫天神位つめ 帯に白雲厂に玉章」
⑥ 梅干し、およびその種の実(さね)のこと。
※手鎖心中(1972)〈井上ひさし〉亀戸「おれは梅干をしゃぶったあと、〈略〉天神様まで頂かないと気がすまない」
※三人妻(1892)〈尾崎紅葉〉前「三線(みすじ)の師匠ならば〈略〉、いつも天神に結ひ」
[2]
① 菅原道真の神号。
※江談抄(1111頃)四「此詩及後代、菅家人室家令北野詠之間、天神令教曰」
② 古代氏族の種別。神別(しんべつ)の一。天つ神の後裔とされる氏族の称。中臣・忌部・物部・大伴・久米・弓削・曾禰・佐伯などの諸氏をさす。
③ 神格の呼称。主として雷神や疫神、またはそれを祭る神社に対する。

てん‐しん【天神】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「天神」の解説

天神
てんじん

宗教学上での天神(てんしん)sky godとは、在天の神というより天そのものを人格化した神をいい、未開社会には広くみられ、至高神の地位を占めることが多い。日本では天神(てんじん)・地祇(ちぎ)と並称され、地祇(くにつかみ)(国神)に対する天神(あまつかみ)をさす。神話では高天原(たかまがはら)に座(いま)す神々、また高天原から国土に降臨した神とその子孫の神々をいい、日本の神祇を区別づける重要な標準とされた。なお、後世はもっぱら菅原道真(すがわらのみちざね)を祭神とする天満天神(てんまんてんじん)をさす称号となった。

[牟禮 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「天神」の解説

てん‐じん【天神】

《「てんしん」とも》天の神。あまつかみ。⇔地祇(ちぎ)地神(ちじん)
菅原道真(すがわらのみちざね)を祭った天満宮(てんまんぐう)のこと。また、その祭神である道真のこと。今日では多く学問の神として信仰されている。天神様
《揚げ代が25匁であったところから、北野天神(北野天満宮)の縁日の25日に関係づけていう》江戸時代、上方遊女等級の一。大夫(たゆう)の次位。また、その遊女。天職
天神髷(まげ)」の略。
梅干し。また、その種の中にある実(さね)のこと。
能面の一。怒相の神霊用の面。菅原道真の霊を主人公とする「雷電」の前ジテのほか、「舎利」のツレなどに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「天神」の解説

天神【てんじん】

天界にいる神として,地祇(ちぎ)と並び称される。雷・雨・水などと結びつけられ,荒ぶる神として恐れられる一方,農耕の神としても信仰された。また菅原道真の神号としても知られる。道真没後,京に雷雨などの災禍が続くと,御霊(ごりょう)信仰や雷神信仰の流行でこれを道真の怨霊(おんりょう)のせいとして恐れ,道真の霊を北野にまつって天満大自在天神と称し,火雷天神とも呼んだ。天に住み,また天から降臨する神一般を意味する天神が道真の神号となり,邪悪をこらす神として,さらには文芸の神としてあがめられた。江戸時代には寺子屋の神とされ各地で天神祭が行われた。→天満宮
→関連項目北野北野天満宮

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android