コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニオン・ミニエール[会社] Union Minière

1件 の用語解説(ユニオン・ミニエール[会社]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユニオン・ミニエール[会社]【Union Minière】

1906年にベルギーイギリス資本提携によって設立されたベルギー領コンゴ(現,コンゴ民主共和国)最大の鉱山会社。正式名称ユニオン・ミニエール・ドゥ・オー・カタンガUnion Minière du Haut‐Katanga。1990年3月までの期限で広大なカタンガ州(現,シャバ州)の鉱業権を独占することが認められ,着実に発展を遂げた。コバルト,銅その他の鉱物資源の大規模開発を行ったばかりでなく,鉱業以外にもカタンガのほとんどの分野の企業の管理権を握り,コンゴ経済に支配的な影響力を及ぼした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のユニオン・ミニエール[会社]の言及

【シャバ[州]】より

…名高いのは鉱産で,とくに南部はザンビア北部にのびるいわゆるコッパー・ベルトに属し,銅をはじめ各種地下資源で世界に知られる。【戸谷 洋】 コッパー・ベルトの銅などの鉱物資源は19世紀末コンゴ自由国の手で発見,開発され始めたが,1906年にイギリス,ベルギーの資本提携によって設立された大規模鉱山会社ユニオン・ミニエール社の手によって,その開発は本格化した。同社は66年末にモブツ政権のもとで国有化されるまで,莫大な利益をベルギーその他関係諸国にもたらした。…

※「ユニオン・ミニエール[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ユニオン・ミニエール[会社]の関連キーワード児童雑誌生田長江小松耕輔島村抱月ドールンブルックベアトヘボンメッケルセリエイト組織

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone