ユベントス(読み)ゆべんとす(英語表記)Juventus FC

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタリアのプロサッカークラブ。ホームスタジアムはトリノのアリアンツ・スタジアム(収容人員4万1500)。イタリアリーグ最多の優勝回数を誇り(35回)、UEFA(ウエファ)チャンピオンズ・リーグも2回優勝している(2019年時点)。本拠地のトリノだけでなく、国内に幅広くファンをもつイタリアでは例外的なクラブ。ユベントスは「青年」という意味で、1897年にトリノの学生たちが創設した。1950~1960年代には、アルゼンチン出身のオマール・シボリOmar Sivori(1935―2005)を中心としたチームが黄金時代を築き、1970年代にはディノ・ゾフDino Zoff(1942― )、フランコ・カウジオFranco Causio(1949― )、ロベルト・ベッテガRoberto Bettega(1950― )ら、イタリア代表でも中心となったメンバーを擁して5回も優勝した。1980年代には名将ジョバンニ・トラパットーニGiovanni Trapattoni(1933― )監督の下、フランスのミッシェル・プラティニMichel Franois Platini(1955― )、ポーランドのズビグニェク・ボニエクZbigniew Boniek(1956― )を加え、ディフェンダー(DF)のガエタノ・シレアGaetano Scirea(1953―1989)、アントニオ・カブリーニAntonio Cabrini(1957― )、フォワード(FW)のパオロ・ロッシPaolo Rossi(1956― )といった1982年ワールドカップ・スペイン大会優勝メンバーが活躍した。1985年に念願のヨーロッパ・チャンピオンズ・カップ(現、UEFAチャンピオンズ・リーグ)優勝を果たした。1990年代は、監督マルチェロ・リッピMarcello Lippi(1948― )がジャンルカ・ビアリGianluca Vialli(1964― )、ファブリツィオ・ラバネッリFabrizio Ravanelli(1968― )、アレッサンドロ・デル・ピエロAlessandro Del Piero(1974― )らのFWを活用して1996年にふたたびヨーロッパチャンピオンに輝いた。過去に、バッジョRoberto Baggio(1967― )、ジダンZinedine Zidane(1972― 、フランス)、パベル・ネドベドPavel Nedvd(1972― 、チェコ)などが在籍している。2006年、ユベントスのゼネラルマネージャーであったモッジLuciano Moggi(1937― )が中心となって、セリエAの審判に対し圧力をかけたというサッカースキャンダルが発覚、2006~2007年シーズン、ユベントスはセリエBに降格となった(カルチョ・スキャンダル)。[西部謙司]

その後の動き

2007~2008年シーズンからセリエAに復帰している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユベントスの関連情報