コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユングリング家 ユングリングけYngling

世界大百科事典 第2版の解説

ユングリングけ【ユングリング家 Yngling】

スウェーデン,ノルウェーの上代の王家。北欧伝承によれば,中部スウェーデンのウプサラの王家はオーディン神にさかのぼり,4代目のユングビYngvi(別名フレイ)の名によりユングリングと呼ばれる。ウプサラの5~7世紀の古墳は,イギリス詩《ベーオウルフ》や9世紀ノルウェーの韻文詩《ユングリンガ・タル》にうたわれるユングリングの王たちの墓とされている。《ユングリンガ・タル》によれば,ノルウェーの統一者ハーラル1世は8世紀に南東ノルウェーへ移ったユングリング王家に属するという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のユングリング家の言及

【ウプサラ】より

…タキトゥスの著作《ゲルマニア》にみえるスイオネスSuiones(Svea)はウップランドに居住し,その政治的中心地は,今日のウプサラ市北端に位置する古ウプサラGamla Uppsalaにあった。ここには約300の古墳群があり,とくに東端の三つの大古墳の主は,スノッリ・ストゥルルソンの伝えるユングリング家の王たち(5~6世紀)に比定されている。3古墳の東の丘は〈集会の丘〉とよばれ,初期中世には,毎年2月に王と農民の集会が開かれた。…

※「ユングリング家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ユングリング家の関連キーワードハーラル[1世]テンスベル

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android