ユーザーエクスペリエンス(読み)ゆーざーえくすぺりえんす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ユーザーエクスペリエンス

認知心理学者で、米国アップルコンピューターのユーザーエクスペリエンス・アーキテクトだったドン・ノーマン博士が提唱した、「ヒューマン・インターフェイス」や「ユーザービリティ」よりも、さらに幅広い概念を示す造語製品サービスのそのものの利用価値や所有価値ではなく、使用・消費・所有などを通じて、ユーザーが認知する有意義な体験のこと。製品やサービスを利用する際の動機や感情的な経過を重視し、ユーザーが真に求めていることを「楽しく」「面白く」「心地よく」行える点を提供価値として考えるコンセプト

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ユーザー‐エクスペリエンス(user experience)

製品・サービスを使用する際の印象や体験。使い勝手や操作感を意味するユーザビリティーユーザーインターフェースより広い概念であり、製品を所有したり、サービスに接したりする過程で得られる、満足感や喜びといった質的・精神的価値に重きを置く。ユーザー体験UX

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユーザーエクスペリエンスの関連情報