コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨナ抜き音階 ヨナヌキオンカイ

デジタル大辞泉の解説

よなぬき‐おんかい【ヨナ抜き音階】

五音音階の一。明治時代には、階名をヒ・フ・ミ・ヨ・イ・ム・ナと称したが、そのうちのヨとナ、つまり第4音(ファ)と第7音(シ)を抜いたド・レ・ミ・ソ・ラの音階のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ヨナぬきおんかい【ヨナ抜き音階】

明治時代に洋楽の影響で作られた五音音階。長音階と短音階の2種がある。名称は七音音階(ヒフミヨイムナと呼ばれた)の第四・七音を欠く意味。従来五音音階になじんできた日本人には比較的受け入れられやすく、唱歌の類でよく用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のヨナ抜き音階の言及

【音階】より

…楽曲のうちに用いられる音を整理して高さの順に配列したものが音階である。音楽の様式は時代や民族によってそれぞれに違っているので,その基礎となる音階にも多くの種類がある。西洋音楽では音階はすべてオクターブを枠として,この中に配列された音がオクターブごとに繰り返されるが,各地の民俗音楽やヨーロッパ以外の民族の音階には,オクターブを越えても反復しないものがあり,また完全4度あるいは完全5度のような小さい音域を音階の枠としているものもある。…

【歌謡曲】より

…演説が禁止されたことから歌によって主義主張を唱えたことにはじまるが,大正期に入って,その思想性がうすれ,大衆歌曲を意味するようになった。その旋律は,ほとんど〈ヨナ抜き音階〉で構成される。音階の4番目の音と7番目の音を欠いた音階で,明治期にドレミをヒフミと数詞でよんでいたことから〈ヨ(4),ナ(7)抜き〉といわれた。…

【5音音階】より

…東アジアでは古代中国以来,五声(宮・商・角・徴・羽)という用語で知られるドレミソラの音階が理論的に基本とされる。この音階は長音階の第4音と第7音が欠けているという理由で〈ヨナ抜き音階〉とも呼ばれるが,西洋中心の便宜的な俗称にすぎない。しかもこの半音なしのいわゆる陽音階(田舎節(いなかぶし))が5音音階の代表として一つのものと考えられがちであるが,いくつかのタイプが区別され,アジア各地,ヨーロッパ周辺部,アメリカ・インディアン等の音楽の特徴となっている。…

【唱歌】より

…歌のこと,あるいは歌をうたうこと。明治以前は,〈しょうが〉あるいは〈そうが〉と発音することが多く,証歌,章歌,正歌とも書いた。《万葉集》では歌詞をさして使われていたが,ふつうは《竹取物語》に〈あるいは笛を吹きあるいは歌をうたひ,あるいは唱歌をし……〉とあるように,歌詞のある歌をうたうのではなく,楽器の旋律やリズムを口で唱えうたうことを指していた(唱歌(しようが))。その楽器は笙(しよう),篳篥(ひちりき),竜笛,高麗笛(こまぶえ),能管,尺八などの管楽器が中心であった。…

※「ヨナ抜き音階」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨナ抜き音階の関連キーワード5音音階長音階短音階七音

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヨナ抜き音階の関連情報