コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五音音階 ゴオンオンカイ

3件 の用語解説(五音音階の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごおん‐おんかい【五音音階】

五つの音からなる音階。日本の伝統音楽をはじめ、各国の民謡にも広くみられる。代表的な形は、ドレミソラの5音からなるもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごおんおんかい【五音音階】

一オクターブの中に五つの音をもつ音階。日本・東洋音楽に多く見られ、五音の音程関係により各種がある。 → 民謡音階都節みやこぶし音階 ・ りつ音階 ・ 琉球音階

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五音音階
ごおんおんかい
pentatonic scale英語
pentatonische Tonleiterドイツ語

五つの音(段階)からなる音階。これに基づく音組織をペンタトニック(五音法)という。五音音階は東洋を中心に世界に広く分布するが、便宜的におよそ次の3種に分けられる。
(1)全音的五音音階tonal pentatonic scale 5音間の音程が三つの全音程と二つの短3度音程とからなり、半音を含まない音階。無半音的(アンヘミトニックanhemitonic)五音音階ともいわれる。五度圏に基づくもので、たとえばハ音から始めると五度音列ハ‐ト‐ニ‐イ‐ホを音高順に並べ換えたハ‐ニ‐ホ‐ト‐イ(ドレミソラ)にあたり、どの音に主音を置くかで5種の旋法ができる。世界の五音音階のうち大部分がこれに含まれる。
(2)半音的五音音階semitonal pentatonic scale 半音を含むもので、半音の位置によっていくつかの種類があるが、半音程は長3度音程と隣り合う位置に置かれることが多い。これは主として日本、朝鮮、インド、インドネシアなどにみられる。
(3)このほかに、全・半音程にとらわれない特殊な五音音階がある。たとえば、1オクターブをほぼ5等分したインドネシアのスレンドロ音階や、1オクターブを7等分しそのうちの5音を用いるタイの五音音階などが代表例としてあげられる。[南谷美保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五音音階の関連キーワード全音階テトラコード田舎節陰旋法都節音階民謡音階陽旋法律音階琉球音階ノルドグレン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone