五音音階(読み)ゴオンオンカイ

  • pentatonic scale英語
  • pentatonische Tonleiterドイツ語

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五つの音(段階)からなる音階。これに基づく音組織をペンタトニック(五音法)という。五音音階は東洋を中心に世界に広く分布するが、便宜的におよそ次の3種に分けられる。
(1)全音的五音音階tonal pentatonic scale 5音間の音程が三つの全音程と二つの短3度音程とからなり、半音を含まない音階。無半音的(アンヘミトニックanhemitonic)五音音階ともいわれる。五度圏に基づくもので、たとえばハ音から始めると五度音列ハ‐ト‐ニ‐イ‐ホを音高順に並べ換えたハ‐ニ‐ホ‐ト‐イ(ドレミソラ)にあたり、どの音に主音を置くかで5種の旋法ができる。世界の五音音階のうち大部分がこれに含まれる。
(2)半音的五音音階semitonal pentatonic scale 半音を含むもので、半音の位置によっていくつかの種類があるが、半音程は長3度音程と隣り合う位置に置かれることが多い。これは主として日本、朝鮮、インド、インドネシアなどにみられる。
(3)このほかに、全・半音程にとらわれない特殊な五音音階がある。たとえば、1オクターブをほぼ5等分したインドネシアのスレンドロ音階や、1オクターブを7等分しそのうちの5音を用いるタイの五音音階などが代表例としてあげられる。[南谷美保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 五音からなる音階。ドレミソラの全音的五音音階やラシドミファの半音的五音音階などがある。日本の雅楽や中国、ジャワ、スコットランドなどの伝統音楽に多用される。五声音階。五段音階。→五音(ごいん)(一)③

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android