コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネ受難曲

デジタル大辞泉プラスの解説

ヨハネ受難曲

ドイツの作曲家J・S・バッハの受難曲(1722-23)。原題《Johannespassion》。新約聖書の『ヨハネの福音書』に基づいてイエスの受難を描いたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヨハネじゅなんきょく【ヨハネ受難曲】

《原題、〈ドイツ〉Johannespassion》「ヨハネによる福音書」のキリスト受難物語に基づく音楽作品。1722年から1723年にかけてバッハの作曲したものが有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ヨハネ受難曲の関連キーワードベーム(Georg Böhm)J・S・バッハ(年譜)マタイ受難曲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android