コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨメガカサ Cellana toreuma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨメガカサ
Cellana toreuma

軟体動物門腹足綱ツタノハガイ科。以前はヨメノサラとも呼ばれた。口長 5cm,殻口径 3cm,殻高 1cm。殻は低い笠形で卵楕円形,殻頂は前方に寄り,ここから多くの放射肋が走っている。殻色は個体変異があり,黄,黒,褐色などが混ってまだら模様になっている。内面は弱い真珠光沢がある。軟体は足が大きく,足裏は平らでこれで岩に付着する。北海道南部以南の西太平洋に広く分布し,潮間帯の岩礫上にすむ。九州南部以南に分布するものは肋上に顆粒が規則的に並び,オチバガサと呼ばれることがあるが,地理的変異にすぎない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨメガカサの関連キーワードアリスアブバエウロコムシカサガイアブバエ嫁が笠嫁が皿一枚貝嫁の皿巻貝磯物嫁笠笠貝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android