コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーロッパ1号 ヨーロッパいちごうEuropa 1

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーロッパ1号
ヨーロッパいちごう
Europa 1

ヨーロッパ宇宙ロケット開発機構が開発した人工衛星打上げ用の3段式ロケット。第1段はイギリスのブルーストリーク7改良型 (推力約 136t) ,第2段はフランスのコラリー (推力約 30t) ,第3段は西ドイツのエルノー (推力約 0.9t) 。衛星本体はイタリア,通信関係はオランダ,誘導装置はベルギーがそれぞれ担当。オーストラリアのウーメラ基地から,1969年末までに8機発射されたが,衛星打上げには失敗した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨーロッパ1号の関連キーワードヨーロッパ宇宙ロケット開発機構

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android