コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライカ判 ライカバン

カメラマン写真用語辞典の解説

ライカ判

 現在、フィルムカメラ標準となっているいわゆる35mm判のことで、画面サイズは24×36mm。ライカが最初にシネサイズの18×24mm判の2コマ分を1コマとして使ったことに由来する。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ライカばん【ライカ判】

三五ミリ 」に同じ。ライカ(Leica)はドイツのライツ社(現ライカ社)の三五ミリ-カメラの商標名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ライカ判の関連キーワード35ミリフィルムLeica三五ミリドイツカメラ中判大判

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android