コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライトプロテクト らいとぷろてくと

パソコンで困ったときに開く本の解説

ライトプロテクト

書き換え可能な記録メディアで、誤ってデータを消したり、上書きしたりしてしまわないよう、書き込み(内容の追加や変更)を禁止することです。ライトプロテクトが有効になったメディアのデータは、リードオンリーのものとして扱われます。
フロッピーディスクや光磁気ディスクなど、ディスクごとにケースに収まっているメディアには小さなスイッチがあり、それを動かすとライトプロテクトを有効にできます。SDメモリーカードにもライトプロテクト用のツマミがあります。
⇨リードオンリー

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

ライト‐プロテクト(write-protect)

コンピューターで、ファイルやディスクを変更・消去できないようにすること。書き込み禁止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ライトプロテクト【write protect】

コンピューターで、データの書き込みを禁止するための設定。フロッピー-ディスクなどの記録媒体に対するものや、ネットワーク上の特定のファイルに対するものなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ライトプロテクトの関連キーワードコンピューターファイル保護フロッピー記録媒体

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android