ライマン公会堂(読み)ライマンこうかいどう

世界の観光地名がわかる事典「ライマン公会堂」の解説

ライマンこうかいどう【ライマン公会堂】

アメリカのテネシー州ナッシュビルにある音楽堂で、ダウンタウン一角にあるレンガ色の建物。若きカントリー歌手達の登竜門で、1874年まではこの場所から人気音楽番組「グランド・オール・オープリー」が発信されていた。1940年代には、カントリーだけでなく、プレスリーなどアメリカを代表する人気ミュージシャンのコンサートが開かれてきた、ナッシュビルサウンドの発信地である。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉「ライマン公会堂」の解説

ライマン‐こうかいどう〔‐コウクワイダウ〕【ライマン公会堂】

Ryman Auditorium》米国テネシー州の都市ナッシュビルにある建物。19世紀末の建造当初は礼拝集会などに利用され、のちにコンサートやミュージカルが催されるようになり、カントリー音楽の発信地となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android