コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラインの滝 ラインのたき

1件 の用語解説(ラインの滝の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ラインのたき【ラインの滝】

スイス最北部、ドイツ国境に近いシャフハウゼン(Schaffhausen)近郊のノイハウゼン(Neuhausen am Rheinfall)にある、スイスライン川の瀑布(ばくふ)。落差約23m、幅150mの滝だが、その水量はヨーロッパ最大である。夏季には毎秒700m3の水が流れ落ちる。初夏にはアルプスの雪解け水で増水し、その水量が毎秒1250m3にもなることがある。その迫力に、この地を訪れたドイツの詩人ゲーテも驚嘆したといわれる。滝の間近まで行くことができる観光船が運航していて、滝壺近くの岩まで行くことができる。また、滝の上に立つ中世の古城ラウフェン城がある丘の麓のケンツェリ(Känzeli)という見晴台から、水しぶきのかかる近さで滝を眺めることができる。シャフハウゼンからバス、ノイハウゼンからはバスか徒歩で行くことができる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラインの滝の関連キーワードシャフハウゼンベルヒテスガーデンアルザスロレーヌシャフトシュタインアムラインライン滝シルバンシャフハーン宮殿セーフハウスECイタリア-スイス線フラー・ジャコー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone