ライン滝(読み)ラインタキ

デジタル大辞泉の解説

ライン‐たき【ライン滝】

Rheinfall》スイス最北部、シャフハウゼン州の州都、シャフハウゼンにあるライン川の滝。幅約150メートルでヨーロッパ随一の規模を誇り、観光名所として知られる。19世紀後半に水力発電が始まり、シャフハウゼンの工業発展に寄与した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のライン滝の言及

【シャフハウゼン】より

…ライン川右岸に位置。中部ヨーロッパ第一の〈ライン滝〉がすぐ下流にあり,現在は観光都市の性格をもつ。町の歴史は11世紀半ばのベネディクト会修道院建設に始まり,中世にはライン川の河川交通と南北陸上交通の接点として遠距離通商で発展。…

※「ライン滝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android