コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウンド・アバウト・ミッドナイト

2件 の用語解説(ラウンド・アバウト・ミッドナイトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ラウンド・アバウト・ミッドナイト

ジャズのスタンダード曲。作曲:セロニアス・モンク、クーティ・ウィリアムス。モンクがオリジナルを作曲したのは1940年前後とされる。クーティ・ウィリアムス楽団による1944年の演奏が初録音。モンク自身による初録音は1947年で、1951年リリースアルバム「ジーニアス・オブ・モダン・ミュージック vol.1」に収録された。原題《'Round About Midnight》。1957年にマイルス・デイビスがリリースした同名のアルバムの第1曲目として収録されている。

ラウンド・アバウト・ミッドナイト

トランペット奏者、マイルス・デイヴィスの1955~56年録音のジャズ・アルバム。コロムビア・レーベル。マイルス・デイヴィス初期の代表作のひとつ。原題《'Round About Midnight》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラウンド・アバウト・ミッドナイトの関連キーワードアガルタオン・ザ・コーナーカインド・オブ・ブルークッキンクールの誕生スケッチ・オブ・スペインドゥー・バップビッチェズ・ブリューピエロのトランペットブルーズ・ムーズ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone