コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウンド・アバウト・ミッドナイト

2件 の用語解説(ラウンド・アバウト・ミッドナイトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ラウンド・アバウト・ミッドナイト

ジャズのスタンダード曲。作曲:セロニアス・モンク、クーティ・ウィリアムス。モンクがオリジナルを作曲したのは1940年前後とされる。クーティ・ウィリアムス楽団による1944年の演奏が初録音。モンク自身による初録音は1947年で、1951年リリースアルバム「ジーニアス・オブ・モダン・ミュージック vol.1」に収録された。原題《'Round About Midnight》。1957年にマイルス・デイビスがリリースした同名のアルバムの第1曲目として収録されている。

ラウンド・アバウト・ミッドナイト

トランペット奏者、マイルス・デイヴィスの1955~56年録音のジャズ・アルバム。コロムビア・レーベル。マイルス・デイヴィス初期の代表作のひとつ。原題《'Round About Midnight》。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone